おりおりに 出逢った      「すきなもの」を      縦横無尽に ご紹介
http://sukimono.edoblog.net/
1 2 3 4 5 6 7 8

宇宙の乳[ち]。原初のエロス

こんな姿をみるのは初めてでした。



『人間にとっての 音↔︎ことば↔︎文化』
というタイトルに惹かれて買った
湯浅譲二さんと川田順造さんの対談本。

読んでいるうちに湯浅さんの楽曲を聴きたくなって
検索していたところ 目に留まったのが、

笙だけで演奏される
「原風景(To the Genesis)」。



笙の音といえば 
雅楽での
ブワァぁぁぁぁ…
と不均一にあたり一面へ広がっていく

湯煙のようなイメージしか持っていませんでしたし、
その奏者の佇まいに
目を向けたこともありませんでした。



真っ黒な背景に
黒衣に身を包んだ奏者、真鍋尚之さんの
肌の色と
笙の飴色が
浮かんでいます。
両の手のひらは
ほんのり開いた花弁のように笙を包み、

その姿は
まるで遥かな宇宙の深淵から
いのちの乳を吸っているかのようです。




音が出ているということは
吹いている、つまり息を吐いているわけですが、

それなのに ゴクゴクと
貪欲に且つ慎み深く
笙という器に流れくるものを
飲み込み 飲み干しているような、

あるいは
天高きところからの滴りを
漏らさず両の手のひらで受け止めて

自らの渇きを癒し いのちの糧としているような。


奏でられる音も、

宇宙にはりめぐらされたものを口元に手繰り寄せ、
真鍋さんという体や場を介して
新たなものが立ちのぼり

霧散しつつ 宇宙へ還っていくような。



「祈り」という概念に収まりきらない
大いなるものとのやりとり。




管という構造と それを振動させる息ゆえに
とても肉感的であり、

演奏の場のすべてが それぞれ
ゆらいでいます。

やさしく包んでいるようにみえる両手は
宇宙の乳房をまさぐっていて、

漆黒のただ中で身悶え、
なんともいえないエロティシズムに満ちているのです。



エロス[eros]の語源は、“to love”の意。



どこかで、

「生命(力)はエロティックである」
というような記述を目にした記憶があるのですが、
まさにその意味において最大限に
原初的なエロスが充満し
行き来していたのでした。





Happy-Go-Lucky













happy < hap “chance, fortune”+-y(2) “full of or characterized by”







はじ ま る













「まる」は “うごき”のカタチ
あるいは座標





MA/間・ 流



WA



マ ワ ル
MA WA RU





embryo














@embryo < en “in”+bryein “to swell, be full”